FC2ブログ
グラッセグッド
プロフィール

ぐらママ

Author:ぐらママ
犬と楽しく、愛犬の可能性を追求して、しつけのプロになっちゃった主婦の奮闘記。10才で引退するはずのラブ、グラッセは18歳7か月までがんばりましたが進化するしつけをホクトとウロコインコのティポが活躍します♪
左の茶色がMIXのドビー。
右の白がラブのグラッセ。



World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



イベント
2019年  KENKENCLUB  イベント

愛護センター教室  

初級11時      中級 1時      トリッククラス2時

9月11日、25日、  10月9日、23日、  11月13日、27日、  
12月11日、25日

今年度はこの8回です。    1レッスン50分  2000円

ご参加予定の方はご一報ください

KENKENCLUB:glassegood@docomo.ne.jp


 ドッグラン教室  

11月2日 9時から    12月7日10時から

参加希望者は津田に直接かメール、SMS、メッセンジャー、LINEでお申し込みください

広い場所を共有するルールを犬たちに覚えてもらいます
飼い主さんにはご自分の犬を自由にできるかどうか犬を読み、トラブルを回避できるようにサインを読む勉強会です

参加犬全て自由にできるかどうかその時の環境や犬の状態によります

  犬のフィットネス   
11月24日  1時から

定員になりましたので1時のクラスは閉め切りました

体験コースご希望の方はご一報ください


新規体験コース募集中日程はご相談ください


ドッグフィットネス  水中歩行体験。
10月27日

キャンセルが出ました 1頭参加できます
水中歩行で足を鍛え、環境に強い犬に育てましょう

人数集まりましたら2回を計画いたします





行動学セミナー、ワークショップ 
 2020年 5月23日 日曜 10時~16時



石綿美香さんによる優しいトレーニング
第4弾  優しいってどういうこと?
体験してわかる 今までの自分のいろいろ!
動物に優しいって?を実際に学びましょう

アメリカからの最新情報の報告もあります




来春の第4弾ご期待ください

※ お連れになる動物の健康チェックをしてください
犬: 内外寄生虫無い事、混合ワクチン3種以上、狂犬病接種1年以内、
皮膚疾患(伝染性)無い事
鳥: PBFD、クラミジア、ボルナなど陰性であること







  





スポンサーサイト



毎日強化
有言実行  ホクトの鼻で押す。(つけたまま)
        紐を引いて扉を開ける。 ものを引きずる

ティポの持ってきて、で手に咥えたものを載せる
手のトンネルに顔を突っ込む。
初めて見る者への接近までの時間短縮

今日は 初めての4つにくちばしタッチできました

DSC_0671.jpg

胸の手術の傷に薬塗ります
「ごろん」 薬塗って、スマホ取りに行って、写真撮って・・・>


DSC_0642.jpg

DSC_0643.jpg

この後「立って」で服をきっちり着せて終了。
3週間朝晩の儀式です

「おいで」「フセ」「ごろん」「立って」 服着せる ずーーーーーーーっと言われた姿勢のままいてくれる

さっさと手当が終わる
私はこのような犬が好きだ   8年かけて教えたことが手術、ケガ、体調不良などの時に役立つ

役立つ  = 犬のストレスが少ない  ということ。と思う


石綿美香さんのセミナー

DSC_0651.jpg


DSC_0646.jpg

鳥のトレーニングを経験します

0・5mmのシードを指先でつまむことが難しい

でも鳥たちがすばらしく社会科されているため、初めての鳥になれない方々にうまく付き合ってくれました

楽しい  様々な動物のトレーニングは刺激的です

DSC_0672.jpg

サクラ・・・という多肉植物? 
徒長するのは日光不足らしい
この多肉ちゃんお空からやってきました。2年前かな? 


毎日自分を奮い立たせてトレーニングする。






イベントの意味
今年に入って誰にだれているわたくし。さぼるというより「老人性ウツ」だと自分で思うほど何もしない半年だった

しかし良い刺激を受けるイベント効果で 「ちゃんとしないと」私の飼育動物たちの心身の健康のためにやることいっぱいだ

健康チェック  そのための ハズバンダリートレーニング
自制心の外れてきたホクトにを締め直しトレーニング
攻撃的=自分勝手なティポのハズバンダリートレーニング
フォージングを嫌がる?「じゃまくさいことするなよ」という視線を感じるので
トレーニングでしか食物が得られない状態を作るため頑張る
1頭に3時間費やしてきたグラッセやDOGYなどと明らかに違うホクトやティポの扱い

年取るってイヤダ!  今年は全くやる気ないので

課題を決めて  有言実行 を目指さねば

フルートを50年やってきて学生時代よく思ったものだ

スポーツ選手はトレーナーや健康管理のマネージャーなど多くの人に囲まれて切磋琢磨する

誰も見ていない、誰も助言しない、誰も手伝ってきれない 

まったくの一人の世界でひたすら練習するのみ・・・なフルートの世界
1週間に1度の教授からの曲作りのアドバイスのみ


今も、私にアドバイスする人がいない  年取るって「イヤダ
そして 67年間やってこなかった不当異分野はやはり手を出せない

仲間がいないとは孤独との闘いより 誰も アドバイスしてくれない孤独感が強い

今まで得た知識だけで 教室をやっているだから
私の教室から30人以上のプロが育っているが
みな私を追い抜いて行ってほしい 


だから  先生と呼ばせない  

フルートも教え子が大学の准教授になったり、コンクールの審査員になると本当にうれしい

犬の世界でも 日本で活躍するトレーナーが増えてほしい

さて自分の犬と鳥をドゲンカセントイカン

年齢という敵に向かわないといけない しんどさ 

奮い立たせるにはどうするべー
忙しいということ
やる気ゼロの日々だったけれど

にわかに忙しくなってきて そうするとやる気がみなぎってきました。

やっぱり サメかマグロの親戚だわ

動かないと死んじゃうーー! なワタクシ
夏の終わり
インディアンキャンプが終わり、ホクトの手術も終わり、この後無事に抜糸するまで結構緊張の日々です

IMG_20190927_174851.jpg
胸にあった脂肪種を切除しました。12cmの傷はまだわずかに出血が見られます。
パッドを当てて、服着せて、バンテージでぐるぐる巻きして・・・

「フセさせないで」…獣医は言いますが・・・・  

「フセ」でさせることはできますが、「フセするな」 は犬に伝えることが 私は できません

そこがネックとなって獣医が手術を進めなかったのですが、この夏に一気に大きくなったので
飼い主の一存で手術をしてもらいました

だから、化膿しないように、注意して手当していますが、寝るのが趣味のホクトさん

すぐ丸まって寝るので、部屋の温度高めに、ノビノビ手足を伸ばして横になってもらおうと奮闘しています


IMG_20190929_160331.jpg

毎朝ホクトより早く拾い集める ヤマボウシの実です
ジャーキーよりキラキラした視線を送ります

そんなにほしいの?   食べてみると  なななんと あまーーーい。
そりゃ食べるわ、
でも下痢するので食べさせるわけにはいきません
昨年はネットでジャムにできると調べて、炊いてみましたが  大失敗、



IMG_20190929_133306.jpg

春にはつくしを食べる
梅雨には ホタルを見に行く
秋にはヒガンバナを見に行く



IMG_20190929_084409.jpg

何している写真家かというと

ドライパパイアを上げると  決まって 水に浸しに行きます
水のノズルにパパイアを押し付けています
この夏から好みが変わってきました