FC2ブログ
グラッセグッド
プロフィール

ぐらママ

Author:ぐらママ
犬と楽しく、愛犬の可能性を追求して、しつけのプロになっちゃった主婦の奮闘記。10才で引退するはずのラブ、グラッセは18歳7か月までがんばりましたが進化するしつけをホクトとウロコインコのティポが活躍します♪
左の茶色がMIXのドビー。
右の白がラブのグラッセ。



World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



イベント
2019年  KENKENCLUB  イベント

愛護センター教室  

6月12日 11時   甲山森林公園


 ドッグラン教室  

💛6月22日💛  9時~

リードの無い世界で犬同士、人と犬のコミュニケーションの取り方を学びましょう 


梅雨に入りますので、気象の都合でキャンセルあります
朝7時ごろ 携帯メール、LINE、messengerでお尋ねください


  犬のフィットネス   
6月9日 1時から3時    1頭  6000円
定員になりましたので1時空のクラスは閉め切りました

3時半~は体験コース  あと1頭空きがあります
体験コース3500円
バランスボールを使って 犬の筋トレをしましょう。
身体のバランスを保って心のバランスもとりましょう
 1クラス3から5頭 で進めます

毎月実施、
夏にはKENKENCLUBにプールを設え、水中歩行も計画しています。

ご予約はお早めに。    頭数で時間割決めます


  脳トレーニングワークショップ 第2弾 ≪水平思考を鍛えよう≫

8月の土曜日(詳細は未定)  1時~4時
参加費: 1頭 6000円



犬も飼い主も脳を鍛えよう

水平試行でトレーニングの引き出しを増やそう 


何故犬の脳を鍛えるのか?

脳を使わない理由がある
深ーい話を聞いて脳を鍛えましょう

参加犬:排泄のコントロールできること(マナーパンツ可)。他犬、他人のストレスが大きくないこと。
飼い主が「コントロールできる事


犬が脳を使っているかを見る?
なぜ使わないのかを考えることが今後のトレーニングに役立ちます
もっと深い世界を知ってください


  ノーズワークキャンプ in ゆあさ
7月27日、28日 

定員があるためお早めに参加お申し込みください(ただし、ご予約時点からキャンセル料金発生します)

災害救助犬のトレーニングも取り入れて 犬の臭覚の可能性を引き出しましょう。

行動学セミナー、ワークショップ 
 10月13日日曜 10時~16時

石綿美香さんによる優しいトレーニング
第2弾  優しいってどういうこと?
体験してわかる 今までの自分のいろいろ!
動物に優しいって?を実際に学びましょう










※ お連れになる動物の健康チェックをしてください
犬: 内外寄生虫無い事、混合ワクチン5種以上、狂犬病接種1年以内、
皮膚疾患(伝染性)無い事
鳥: PBFD、クラミジア、ボルナなど陰性であること





  





スポンサーサイト
動物と暮らす
金魚でも爬虫類でも、昆虫でも何でもよい
生き物を飼う・・・・・・飼育する人

何歳ごろから動物を飼育したでしょう
プラケースに蟻を入れて巣を作るのを観察したり

金魚すくいでもらった金魚の為に小さな水槽用意していれたり。

カブトムシだったり。

生まれた時から、猫や犬がいたり。

野外で虫と触れ合ったり、から捕まえて来て箱で飼育しようとしたり

動物とどのような関わりを経験してきたでしょうか

DSC_1733.jpg

≪猫と鳥がくつろぐリビング≫





今若者が読解力が落ちているという話を聞きました

書類渡して「読んでおいてください」と上司がいうと 「ムズー」と 読まないらしい。

で映像を使って予習させるとどうにかできることがあるらしい

コミュニケーション取り方が下手?  イヤー違うでしょ

意地悪な私は

「お育ちが悪い」
「ちゃんとしつけられていない」
「社会のルールを学んでいない」
「甘やかされ自己制御ができない」
と感じる

でも雇ったのだからお世話して教育しなおしですね


人間の話はそのまま動物の世界に来る

蛇、昆虫、トカゲ、ネズミ、猫、犬、鳥、トラ、象、なんでも

人と関わる動物に人が便利なように、また動物の健康維持やストレス減らすことに役立つ項目を覚えてもらう

トレーニング

人間のトレーニング  心のトレーニング
自制心を育てる
自己制御できる人間に育てる

さて私は自制心どの程度あるかしら
自己制御できているかな

鳥やキンギョを見ると「自己制御」と「自制心」が違う
本能ベース感情かの違いだろうか

自制心は犬がダントツで持っている

人に気を使っている


犬だけ特別な進化を遂げた動物だ

だからこそ  犬を虐待、体罰、無視し続ける環境は死ぬほどつらい状況だ

人間の子供に体罰を使う人は動物にも暴力振るう

反対に犬に体罰使う人は人の子にも使う ・・・使いたいという衝動がある

自制心  自分勝手を制御  私がメリハリないと動物たちが迷惑する

ガンバロウ




連休
10連休 みな様いかがおしごしでしたでしょうか?

ワンホテルは盛況で私は忙しく犬たちと遊んだ10日間でした   が  

病院が休みの時に限って  ややこしいことになります

29日ホクトがばったり倒れて起きれない

29,30、と食べずにねたきり

5月1日 獣医で誤嚥性肺炎と診断される
薬を頂いて、その夕方から 少ししょくよくが出る

5月2日  ティポがいつものケージ内で足を大けがする、
2時から3時目を反していた。
3時に発見発見して夕方6時過ぎ大阪の鳥を見ていただける医療センターへ連れて行く

骨折はなさそうとの診断にホっとしつつ
小さな67gの命を預かる重さに私はいっぱい考えました。

プラケースを大きくして様子見て 11日に再診受けてけがはみごとに直っていましたが

はがれた皮膚が治りつつあって かゆい、かゆい、かゆい。
口でカシカシやって傷を作りそう。咬むのを防ぐことができないので化膿しないよう抗生剤の飲み薬もらいました

獣医は、「この軟膏塗って」「この飲み薬2滴飲ませて」

言うは易し  みなさん 犬でも四苦八苦されるでしょ?

多少トレーニングしていたので飲み薬工夫して飲ませましょう


犬トレ
預かり犬たち の相性を見て、一斉に庭に出したり、個別に出したりします。

トレーニング付きでのお預かりの場合、しっかり 犬慣らしのカリキュラムを組みますが、

そうでない場合でも  私の「トレーニングしたい病」 がくすぶって

今回犬苦手カイルと あっちへいってくれロンと、誰でもいいから遊ぼうよマルの3頭

さて、少し準備をして

DSC_1717.jpg

来ないでくれー・・・カイル
キミはだーれ?・・・マル
この後マルはカイルのお尻を臭いに行きます。2秒で私が離れなさいとマルに言います。
3回ほどもっとチェックしたいよというマルにイヤと言ってるよ。離れなさい、を3回言います

DSC_1722.jpg

庭を散策しだすマルを後ろからそっと観察するカイル
「いいこカイルいいこだね」ほめます


DSC_1726.jpg

マルは好きにウロウロしますがカイルが付いていきます。常にリード緩ませてついて行く私。
マルが匂う場所に興味を持つカイル  すかさず「カイルいい子だね」
「マル いいこ」

DSC_1730.jpg


20分ほどですが、やたらと吠えて追い払うことをする必要が無いことは時間をかけてチャンスさへあれば犬は理解してくれると思っています。

ただ毎日レッスンに来ていただけないのが 致し方ない。
こうやって お預かりの時に 相性の良い犬たちの様子を見て「私が勝手にトレーニングしています

本気の60分のレッスンを頼まれると別料金が発生します

これはものすごく神経を使い、準備し、大変だからです。

「一か八か一緒に庭へ出してみよう」「ケンカしたらどなってら止めればいい」・・・ まさか!

決して吠えさせないキバを使わせない

そう  犬がいる空間でよい経験をさせる

裏返せば 犬のいる空間で悪いことは起こらなかった

このために準備しテクニックを学び、良いものをお客様へ提供できるよう努力しています
叱る
犬、子供は叱らんとわからん

「叱って教える」 これを本気で言う人  出てこいやー!

あっ  ちょっと下品でした

叱らんとわからんと信じている人

是非ディベートしましょう

叩かんとわからん、怒鳴らんと言うことキカン、
これを信じている人が「パワハラ」と今のご時世訴えられることになる

ハラスメントではなく  意味のない行為だから やらないのです

効果も根拠もない行為です

怒鳴られたとき、叩かれた時だけ行動を止めます

何が正しいか知らないのにどうしてよいかわからない状態が多いのです

人の子は、今何をするべきか 知っていて 悪さしたり、やるべきことやらなかったり

どっちみち同じです

教師、親、トレーナーの思惑通りに言っていないのです

教わる対象者 = ラーナー

ラーナーが正しい行動をとらない時  全責任は教える側にある 

クラスの平均点が低いのは教えた人に技量が無かったのである

あなたの犬がうまくいかないのは あなたに知識や準備が無かったのです

たとえ おいで、オスワリのように簡単な事でも

やったりやらなかったり・・・と言うとき  これ失敗しているのです

叩かないで。犬をたたかないで。  自分の頭をたたいてください。

ストレスのはけ口で子供や動物に暴力を振るわないでください

それはあなたを強化します
つまり暴力はエスカレートします

幼稚な精神、大人になり切れない大人が暴力を使います

スポーツの世界は当たり前 と言った人いました

だから世界に通用しなかったのです

水泳の世界に始まり、科学的に青年たちを指導するようになりました

体罰、怒鳴る、痛みをあたえる、ののしる(心を傷付ける)で
よい成績出るかどうか考える時期に来ています

書いていて気づきました
このブログ読んでくださる方には リードの合図と称するショックを加える人いないでしょう

軽くショック入れる?そう では あなたの首に紐つけて合図送りますね。

「バカなこと言わないで、話てくれればわかります」???

犬もわかります、

動物虐待の記事が増えていることに心痛みます
トレーニングと称して怒鳴るのも虐待です

造幣局で 来年のサミットよう護衛犬デビューのTVニュースで
若いシェパードがピンチカラーでおどおど造幣局の桜の下を歩いていました
訓練 おえたのなら  ピンチカラーいらんやろう。

どうして使うのか知りたい。