FC2ブログ
グラッセグッド
プロフィール

ぐらママ

Author:ぐらママ
犬と楽しく、愛犬の可能性を追求して、しつけのプロになっちゃった主婦の奮闘記。10才で引退するはずのラブ、グラッセは18歳7か月までがんばりましたが進化するしつけをホクトとウロコインコのティポが活躍します♪
左の茶色がMIXのドビー。
右の白がラブのグラッセ。



World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



オープニングイベント
2010年3月21日
多目的サロン オープン
犬文化教室無事オープンにこぎつけた
犬会話教室 KENKENCLUB
コンサートサロン、ピアノ教室 フルート教室
ギャラリー

私の思いの詰まった部屋が出来上がった
犬と人の幸せのために活用していく
1番はシェルターの犬に新しい家庭を見つけること
2番は犬を手に入れた人が幸せになること
3番はルークのQOLをあげること
4番は私のボケ防止

100321リブング (1)

オープニングの準備でテンヤワンヤで邪魔なルークを自宅のリビングのケージにほりこんだ
帰ってみると アリャーミミちゃんが入っている!
ケージの中にすでに寝ていたのを私が見落としてルークをハウスさせてしまったのだ
2匹の困った顔 しばらくこのままにしておいた。  「よりによってなんで、こんなのと一緒なのよ!」・・・M

100321写真展 (1)

写真展の準備中に明日のお客様に配る犬クッキーを届けてくれたダンとおねーちゃん 
ドッグカフェに頼んで特性レバークッキーを焼いていただいた。

100321写真展 (3)  100321写真展 (12)


100321写真展 (13)  100321写真展 (14)


100321写真展 (18)  100321写真展 (5)   


100321写真展 (18)  100321写真展 (22)

100321写真展 (26)  100321写真展 (30)

大勢の方が写真展、里親会に訪れてくださった。
ARKのグッズ販売も好調だった。お買い上げの皆様 ありがとう。
人ごみが一段落したところで写真を撮った。ご家族で犬や猫とふれあい家族に迎え入れられるかどうか、熟慮していただく。
この日はすぐにもつれて帰りたい!とご希望もあったが、ご家族が毛のアレルギーが出てきて残念だった。






私を育ててくださったD.I.N.G.O.のプロメンバーとARKのスタッフとオーナーのエリザベス
総勢30名のごった返した宴会の開始!

この日のサプライズは お散歩業認定者(DDCT)のW氏が元調理師ですばらしいお料理を作ってくださった。
恥ずかしながら 私もラムチョップを焼いて、冬瓜のスープを作った
朝から冬瓜をくりぬくのに時間かかった。久しぶりの料理だったが、皆さん楽しんでくださった
高速1000円のうちに帰らなくては・・・と11時過ぎにお開きとなりました
千葉、横浜、広島、愛媛 三重  遠路ありがとうございます 

100322オープニングパーティー


100322オープニングパーティー (9)  100322オープニングパーティー (13)

犬たちも9頭?11頭? ごちゃごちゃに入り乱れて・・・でも犬の存在が分からない
さ・す・が・ プロの犬たち  
ケイタイを良いのもと思ってる?集中!・・・M

100322オープニングパーティー (2)

  
100322オープニングパーティー (8)

約20種類の料理のバイキングです。次々出来上がる料理に、皆食べ続け・・・
5時~11時までかかって食べ続け・・・しゃべって食べて、またしゃべって、ビデオ見てプチ勉強会になって、また食べて

                100322オープニングパーティー (24)
                     ラムおいしかったよ!
        私はパンもらったよ! ボクまぐろもらったよ! ウソ 私もらってない!???
                パーティー終わってかたずけ終わって ホッ   

                ラムおいしかったよ!
            片付けを手伝ってくれた人たちは深夜1時過ぎ帰られました
             一人終バスなくなった・・・でお泊りでした

100322オープニングパーティー (30) 100322オープニングパーティー (31) 100322オープニングパーティー (32)


100322オープニングパーティー (33) 100322オープニングパーティー (34) 100322オープニングパーティー (35)


100322オープニングパーティー (37) 100322オープニングパーティー (38) 100322オープニングパーティー (39)
100322オープニングパーティー (40)        100322オープニングパーティー (51) 

100322オープニングパーティー (55)  100322オープニングパーティー (56)


100322オープニングパーティー (50) 100322オープニングパーティー (49) 100322オープニングパーティー (48)
100322オープニングパーティー (47) 100322オープニングパーティー (45) 100322オープニングパーティー (44)
100322オープニングパーティー (43) 100322オープニングパーティー (41) 100322オープニングパーティー (36)



100322オープニングパーティー (34) 100322オープニングパーティー (52) 100322オープニングパーティー (40)




















 




 
初めての出来事
人2人、犬2頭 仕事が終わってインストラクターの仲間と 夕方お茶しながら、おしゃべりして・・・・・

ガーーーー   突然ルークがたたずんでいるグラッセの首に攻撃を掛けた

TVでヒグマが人を襲う様と似ていた

首を左右に激しく振りながら肩、首から離れない????? すさまじい唸り声?????

すかさずルークの背後からカラーをつかんで引き離した

???? 噛んでいない よだれもほとんど付いていない

そして  グラッセが平常心なのだ 

普段グラッセがルンルンルンと早足で歩くと ガー と襲い掛かる(楽しいねーーー)と襲う  が

そのときはグラッセは首をすくめて、フリーズして、テンション下げてイヤヤーこいつ! と言う

昨日は全く違った  低いドスのきいた唸り声で 普段のルークが出したことの無い声だ

もし流血したら ルークには安楽死が待っている  噛み付き抑制が入っているから生きていられる

しかしグラッセのストレスを考えるとこのままの今までの生活形態は変えなくてはいけないだろう

血統と育った環境と今の刺激が彼を狂気の沙汰へ追い込む。

哀れな1頭の犬の今後はどうなるのか。 ルークとグラッセの互いのストレスを考えながら試行錯誤する。


興奮が今までと違った原因と思われるもの

走ること

沢山の自由を得ること

過敏症、興奮症の犬に与えてはいけないもの。より興奮症になる原因だ
彼のための新しい庭と部屋は彼の脳内ホルモンのコントロールを失わせた。


ARKの犬舎のような刺激の少ない決まった日課の毎日が生きる唯一の方法かもしれない。

ARKと違うところは夜リビングでのんびりして、後は一緒に寝ること?


ガーっと襲ったとき他の犬たちのケンカなら人はコラと一括して2頭を引き離しケンカ両成敗となるが、
ルークに叱り言葉の罰も厳禁だ。 意味がない。 静かにクールダウンさせ(すぐ静かになる)リードを付けた。
それだけ!
攻撃的な犬に体罰は厳禁だ より凶暴になるだけだ