FC2ブログ
グラッセグッド
プロフィール

ぐらママ

Author:ぐらママ
犬と楽しく、愛犬の可能性を追求して、しつけのプロになっちゃった主婦の奮闘記。10才で引退するはずのラブ、グラッセは18歳7か月までがんばりましたが進化するしつけをホクトとウロコインコのティポが活躍します♪
左の茶色がMIXのドビー。
右の白がラブのグラッセ。



World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



家事からトレーニングへ
35年前からフルートを教えていた。コンサート活動も忙しかった
子育てしながら、おねしょのシーツの洗濯してから大阪フィルと共演して・・・
コンサート協会を設立して・・・
子供のセーター、おやつは手作り
3品以上のおかずを毎日つくり
主婦業のすべてをこなし・・・

良き妻
良き母親
恥をかかない程度の演奏家 の3役をこなしてきた

仕事は家事のストレス解消   家事は仕事のストレス解消

演奏するのにナーバスになってる演奏家をハナで笑ってた
一流ではないが、まわりの人をなごませる時間を提供できていた

グラこがきてからトレーニングがおもしろくなった
多分阪神大震災か引き金だろう

地震のあと何日も学校がお休みで、家で暇な息子がピアノを弾いた
「やめなさい」
悲壮な日を送っている人達が一杯いる中ピアノを弾くことは後ろめたかった

究極に追い込まれたとき「音楽」はなんの役にもたたなかった
しかし何もする事がなくボーッとしてるとき傍らの犬は人を癒してくれた
仕事も学校も停止状態の時今日の水くみに追われ楽器を楽しむことは出来なかった


慰問にやってくる演奏家はCDより、生の心が伝わるすばらしいこと  と思う  ?
しかし被災地のど真ん中で楽器の練習は出来なかった

ものすごい虚無感  

音楽に見切りをつけさせた地震体験だった

50過ぎての方向転換は知らず知らずシフトチェンジしていった
常にしたいことをしてきた

家族に感謝、夫に感謝

「飼い猫から配偶者まで」トレーニングする方法  カレンプライヤー著

この本を読んだあとで夫に感謝といってもウソくさいが、
私の操縦?に乗ってくれたことに感謝!?(なんじゃそりゃ?)

トレーニングの極意・・・相手が知らない間にこちらのルールの中に入れること
操縦されていると悟られない(これが大事)

モチベーショナル・トレーニングは
トレーニングを受ける側が自分が主導権を持っていると思っていること
どうしたら報酬を出させられるか一生懸命頭を使う

だから、犬たちは楽しい!(多分)  
私の犬は楽しんでいない!(と思う)方。何かが違うカモ?

ストレスの少ないトレーニング!
罰も使うが・・・・この先は次回・・・

スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://glassegood.blog19.fc2.com/tb.php/17-0c0587a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)