FC2ブログ
グラッセグッド
プロフィール

ぐらママ

Author:ぐらママ
犬と楽しく、愛犬の可能性を追求して、しつけのプロになっちゃった主婦の奮闘記。10才で引退するはずのラブ、グラッセは18歳7か月までがんばりましたが進化するしつけをホクトとウロコインコのティポが活躍します♪
左の茶色がMIXのドビー。
右の白がラブのグラッセ。



World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



ノーリード
犬を飼っている人の多くが、自分の犬を自由にさせたいと思っている。

街中では リードを付ける条例がある。

安全でルールを守る場所で自由を経験してもらう
犬同士、飼い主と犬の関係、他人との関係など学ぶことは多い

犬が苦手、怖い、反射で反応する(吠え、飛び出しなど)このような犬たちが良い経験を積んでいくと

和やかに、同じ空間を共有できる  泣けてくるほど感動する

DSC_0488.jpg

初めての犬とあいさつ
ランで合った初めての人と犬。

DSC_0032.jpg

犬の存在でキバ出してあわ吹いて吠える犬が2頭いる。

とうとう この日 記念すべき 2019年1月19日   この犬たちが一度も吠えない

他犬とあいさつする。

犬が環境を受け入れてきた?  飼い主の努力の賜物です

連れ出し、吠える前を強化し、他犬の存在が良いことを連想させることを教える機会を増やす。

街中でどうして激しく反応するか    リードの存在でしょうか

自由を束縛する紐か 安全ベルトか さて犬に伝える方法は?


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://glassegood.blog19.fc2.com/tb.php/2400-63d14829
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)