FC2ブログ
グラッセグッド
プロフィール

ぐらママ

Author:ぐらママ
犬と楽しく、愛犬の可能性を追求して、しつけのプロになっちゃった主婦の奮闘記。10才で引退するはずのラブ、グラッセは18歳7か月までがんばりましたが進化するしつけをホクトとウロコインコのティポが活躍します♪
左の茶色がMIXのドビー。
右の白がラブのグラッセ。



World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



様々なトレーニング
動物のトレーナーはそれぞれ自分のやり方が正しいと思っている

正しいかもしれない。でももっと正しいことを学びたい????と思う人がほとんどいない


大昔ちょこっと学んで、一応認定なんぞもらったらこれでプロ と思う

プライドが時間とお金使って勉強に行くことを妨げる


県の愛護センターでのイベントで6人のトレーナーが一堂に会した

みんな 自信にみなぎっている   リードをはなして遊ばせる時間作りますか?と質問した人に対して、多くの人がしますよ、と答えた


へー みんなすごいねと思った・・・・ら・・・

噛む犬はくち輪すればいいしー   だって。

私は同じことはしない。  なぜくちわ付けてドッグランに入れることをしないのか
ご質問したい方は メールかコメントください。丁寧にご説明申し上げます




今朝6時 水やりに時間 やぶ蚊がいない 8時 セミが鳴かない

あーーー夏も終わりか?  31度と聞いて  涼しい?と思ってしまった。



ホクトもティポもお昼に強化。

ホクトはハァハァ言いながら付き合ってくれた(脳トレはつかれるのだ)

最近「ボクでトレーニングしろ!」要求が激しい

要求する前にやると、わずかな時間でも満足する

ティポは10回ほどクリッカーしてから 「ハウス」ですぐに戻る

何て楽なんだろう   でもこれを維持しなくてはいけない

人も良い行動は時々強化子が出ないと 動機が失せる




TVで老人のボケやウツを防ぐには・・・と言う番組していた

「セロトニン増やすこと」「筋力つける事」「肯定思考に成ること」

始まる前に私が宣言した

その通りだった。 小腸からセロトニン分泌されるのが大事だから、ストレスを減らして丈夫な腸を維持しなくてはいけない

そして世の男性に言いたい(どんだけの男性が読んでるか知ったこっちゃないが)

伴侶?パートナー?彼女?を機嫌よく健康であなたにとっていつまでも魅力ある女性でいてほしいなら・・・・

腰にてをまわす。  肩を抱く  軽く体に愛を持って触れる。

「愛してるよ」なんてささやく必要はない

このわずかなスキンシップで女性のコルチゾールは消えるのだ

そして1週間働けるのだ

あなたにとってパートナーの存在がうとましいですか?
どんな口が言う。あなたが選んだ女性でしょ?

ダンナの世話が疎ましい? 勤める会社や年収、家柄で選んだのなら年取ってうとましくなるかもね

でも好きで選んだのなら  30年、40年経って疎ましくなる責任はトレーナーにある。管理者にある。あなたにある(かも)

トレーニン失敗して疎ましくなった? 

なんのこっちゃー  話が脱線?     いいえ   夫が、妻が疎ましいと言う人

あなたの選んだ人ですよ  まちがいだったのでしょうか? 

「いいえ 若い時は魅力的だったのにかわったんですよ」・・・・・変えちゃったのはあなたよ
「昔はこんなじゃなかったのに・・・」  この言葉は鏡に反射するようにあなたにも投げかけられている

夫も生き物  妻も動物  環境から学び、強化されていく

褒めないと、スキンシップ無いとよい行動は消去されていく

コルチゾールとセロトニン 私のキーワード  
肯定思考の私も少しお疲れ これから老人性ウツにならないため
新しいことに挑戦
運動する
アイデアを出す
太陽を浴びる
人としゃべる
変化にとんだ生活  (全てTVの受け売り)

運動以外全て当てはまる
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://glassegood.blog19.fc2.com/tb.php/2436-a77ec829
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)