FC2ブログ
グラッセグッド
プロフィール

ぐらママ

Author:ぐらママ
犬と楽しく、愛犬の可能性を追求して、しつけのプロになっちゃった主婦の奮闘記。10才で引退するはずのラブ、グラッセは18歳7か月までがんばりましたが進化するしつけをホクトとウロコインコのティポが活躍します♪
左の茶色がMIXのドビー。
右の白がラブのグラッセ。



World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



犬と暮らす
22年前突然飼育することになった 生後60日 6kgのラブラドール との出会い

あれから 22年  動物のトレーナー? 人間のトレーナーとして今は仕事をしている


保護した動物との暮らし

何十万も払って手に入れた犬

どんな出会いでもよい


手に入れたのは 犬、猫・・・であって   「命」を手中にしたのだ


その重みを感じない人が多い




ある学校飼育動物が飼育施設を撤去するから・・・から?・・・・

「どうにかしろ」  と校長からのお達し


任されたのは 飼育担当教諭  


飼育担当 でしょ?  処分担当ではないでしょ?

多数の動物の引き取り先に電話かけまくり

管理センターで私を知り 頼ってこられました

さて私も電話かけまくり   ネット検索しまくり

で  ある施設の職員が その先生に 行ってくれました

飼育していたのはしょうもない小動物  しかし生きています

それらの飼育施設をつぶす とは 立ち退き迫って 住んでいるのに家をつぶす行為と同じです。と。

電話口で 「よくぞ言ってくださいました。拍手!」と私は言いました

そして私をたよった教諭に同じことを言いました

「校長は引き取り先決まったの、良かったね。」と言われました。と

あなたはよい人ですね。でもそれを喜ぶということはあなたも命を粗末にしていますよ

食ってかかってください。 いきている26匹の命を何と思ってるのですか。と 怒ってくださいと。

教育委員会にも電話しましたが・・・・・・・・・・・・・・・・

各学校で何を飼育するかは決めるので

飼育動物の把握はしますが管理は各学校です。だって。

「もし 殺処分、なんてことになったら マスコミに言いますよ」
と脅したかったのですが   忙しかったので かかわりはここまで




何が言いたかった?


そう  あなたと暮らす犬たちの命をあなたは自由にできるんです

暇で、退屈で、心壊れそうな犬を目の前にして きずかない飼い主にはならないでください。


死んでから 泣かないでください

やれることをすべてやってください

遊んで、言葉教えて、連れまわして、楽しんで、悲しい時抱きしめて、


みんな良い家庭犬に馴れます


さぼらないで


毎日強化

スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://glassegood.blog19.fc2.com/tb.php/2498-d45d637a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)