グラッセグッド
プロフィール

ぐらママ

Author:ぐらママ
犬と楽しく、愛犬の可能性を追求して、しつけのプロになっちゃった主婦の奮闘記。10才で引退するはずのラブ、グラッセは18歳7か月までがんばりましたが進化するしつけをホクトとウロコインコのティポが活躍します♪
左の茶色がMIXのドビー。
右の白がラブのグラッセ。



World-Word-翻訳



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



犬の訓練
NHKのプロフェッショナルという番組を見た人隊の間で喧々諤々

犬に体罰は必要と考える人がいれば 私とやり合いましょう

吠え続ける時 叩く、物を投げてびっくりさせる、泣き止むよ と言う(思う)方
やり合いましょう

噛む、飼い主も近づけない、抱けない犬は徹底的に罰を与えて人はすごいと思わせるとよい。とおもう方

かかって来い


「あなたの感替え方は間違ってる」と私はいきなりあなたを打ちのめし立ち上げれないほどに痛めつける
素手で叶わなければ、バット?武器?助手を使う。

徹底的に打ちのめして 「あなたの考えは間違ってる」とわからせよう


創造力あるなら考えて


何が間違ってるかわかりますか?


叩かれ蹴られる犬たちは何がいけなかったのかわかっていると思いますか?



ここまで書けば わかるでしょ?自分は人間だからはなしすれば理解する  と。



犬?象もハムスターもいるかも同じそう人間と同じ方法で物事理解し考えて

人がしてほしい行動取れる





先日中学校でセミナーした時  生徒の質問で

「一番困ったこと、難しい仕事はなんですか」 に

「頑固な人間がお客様の時」 と答えました

所詮動物 ぶった炊けば言うこと聞く  おやつなんか持ってチャラチャラして。という方が

一番しんどい。理解してもらうのに時間かかる  犬派迷惑な話です
色々
家族、仕事、近所付き合い、参加団体、色々なお付き合いがあります

同じような感性の人たちに囲まれていると ストレス少ない

夫、姑、息子夫婦、孫、実家の親、姉妹、姪、近所の人
ボランティア団体の仲間、


みんな、似た感覚、感性で居心地がよい。
たまに違う考えと出会うと、ストレス貯めない様気を付ける

犬たちは飼い主を選べないので  しんどいよなーうちの飼い主は・・・
と言われない様頑張ろう

一昔前は  スポーツクラブ、料理教室、木工教室、アンサンブル仲間
の付き合いがあった


今 関わるグループが減ったこともストレス減ったのだろうか

飼い主のストレスを犬も猫も感じとります。みんな健康で長生きしてもらうには

まず飼い主のストレスを減らしましょう

IMG_20180130_073024.jpg

トイレについてきて手洗い場で遊ぶティポ


IMG_20180125_113942.jpg

セミナーのお手伝い






何でも練習
パンツを履く練習
シッポまで包み込まれるパンツを履く練習をしています。

IMG_20180130_070346.jpg

この後足とシッポの長けを切ってすっきりさせました。

2月に肛門腺除去の手術を受けるので、エリカラしたくないので、いまからパンツの練習をしています

足裏の怪我も1日中靴下履いてくれたので、薬の効果絶大で、早く完治しました。
これもハズバンダリートレです

首のところを改良して後ろへずれない工夫しました。

こんな工夫は 私なりの愛情です。


そして 一番の愛情は練習して いらぬストレスをかけないことです

教える = 訓練 で犬が受け入れると 人も暮らしやすい
互いにストレスフリーになると思う これが 私の愛情表現です 



私と動物
とにかく動物が好き
見るのも、触るのも、トレーニングするのも、密着するのも。


毎日強化することが動物にとっての良い刺激  最高に良い刺激 

それこそ 最高の環境 

そこで毎日 プラスティックケースに入る練習1を2週間する

今日は私が飽きてきたので

「頂戴」 の練習

IMG_20180123_080252.jpg

咥える  
私の方を向く
私の手におもちゃを落とす

手に咬みつくのを止めさせるため 持って来いを教える

スマホを構えると向こうを向いたが お皿のオハジキすべてこちら側へ落とす

うまく手に落とすと強化する

しかし


0・5mmのフード と クリッカー と もらう手
手は2本しかないので クリッカー止める

0・5mmのシードをつまんで与える練習もやった


まずはバックチェーニングで始める


ドッグラン
何年ぶりだろう  ホクトを遊ばせにドッグランへ行った

IMG_20180120_135827.jpg


IMG_20180120_133535.jpg

ランで寝るデーン  穏やかな犬たちは走らない
常に早く歩く犬はもめごとを起こす

見ていて面白い3時間だった

IMG_20180120_121520.jpg


ホクトが先頭 デーン5ケ月 に ピレ5ケ月 が続く


IMG_20180120_115637.jpg

ホクトと5ヶ月のデーンが中央



約3時間滞在した

デーン4頭、ゴールデン8頭、ピレ1頭、ニューファン1頭、ボーダー2頭 に ホクト

全て初めましてのワンコたち

寝る犬、追いかける犬、2頭で鬼ごっこするのに邪魔する犬

ホクトは最初1時間隣のランで1頭で遊ばせる(自由時間)

あれだけ犬とからんで、仕切って、説教する犬だったのに

絡んではいけないと理解してからは  犬に興味なし?
2時間いてやっと 昔取った木根塚? 5か月のデーンと遊んだ

サイズはデーンの方が体高10cm高かった

3頭のデーンに囲まれてやられたときは

キバ向いて 応戦した  しかし  流血になならないことが分かっているので ほっておく

犬たちで解決させられる良い犬たちだった

ホクトが小さく見えて 嬉しい

1頭断耳していたがその子は保護デーンだった。

犬と人が共存している良い時間だった